借り換えローンのデメリット

借金をまとめることはとても良いことだ、とあまり言われ過ぎると、本当にそうなのか?と疑問になって来ます。確かに毎月多数の相手にお金を返し続けることの辛さが無くなれば、精神的にどんなに楽かと思うのはわかりますが、やはりデメリットについてもちゃんと調べておかないと怖いですね。

 

宣伝ばかりに目を取られない、きちんとした情報を集めてみましょう。

 

・金利と期間のバランス

きちんとわかった上で借り換えるならデメリットとも言い切れないとは思うのですが、金利を下げたことで完済までの期間が長くなり、その分利息がつくので返済総額が増える、という結果になる場合はあります。

 

これも程度問題なのでなんとも言えませんが、金利が下がる幅と、返済期間の延びた分とで割りに合わないというプランが出て来る可能性はあるでしょう。

 

例えば金利の下げ幅は3%程度なのに、返済期間が倍になったら、これはかなり考えものです。おそらく100万円単位で返済総額が増えてしまう場合もあるので、これでは借り換えが得だとは言えないでしょう。月々の返済が減るという目先のことと、相手が1箇所で済むということの魅力で相殺出来る内容はありません。

 

・低金利は審査が厳しい場合も

借り換えする以上、極力低い金利に変えたいと狙うのはわかりますが、金利が低ければ低いほど、当然審査は厳しくなります。例えば消費者金融5社から借りているものを銀行カードローン1社に借り換えたい、というのは当然理想ですが、この条件ではかなり厳しい結果になるでしょう。

 

一気にまとめることはどうしても難しい場合がありますので、この場合はまず5社の中で少しでも可能性のあるところにまとめる努力をして、借り入れ件数を減らした上で銀行カードローンを狙うという手法を考えるのも一つの手です。

 

・勘違いを起こす

借金は、借り換えることが出来ても無くなることはありません。

 

せっかく低金利の1社にまとめることが出来たとしても、それですべてがチャラになった気になって、あらたに借り入れをするような勘違いで結局破綻してしまう人もいます。絶対に完済するという意識を持って、そのために利用する手段だと思わなくては成功はしませんね。