借り換えローンのメリット

借り換えローンのメリットについてまとめてみましょう。
どんな時に利用すれば良いのか、どれくらいお得なのかについてまとめてみます。

 

・どんな場合に利用するか

消費者金融、銀行カードローンなど金融会社と複数契約をして、並行して借り入れを行っている人は一度は検討したほうが良いものです。

 

例え額が少額でも、借り入れ件数が多いことは余計な負担を生んでいる可能性が高いからです。また、毎月返済日が複数あると、お金の管理がしにくくなり、いくら入って来ていくら出て行くのか把握出来なくなります。

 

常に返済のことばかり気になって、精神的にも良くないですね。

 

・小口多数は損

消費者金融から、50万円以下の金額を何件も借りているという人は、金利の面で一番大きく損をしている可能性が高いです。特に合計で100万円を超える人は、ほぼ間違いなく損をしていると言えます。

 

なぜなら50万円以下では間違いなく法定限界の18%という高金利が設定されていることが多く、それぞれに18%の利息を払い続けるとすれば多大な損につながるからです。

 

法律上、1件で100万円を超えていれば15%以上の金利をつけることが出来ないのに、借りる側がわざわざ分けて借りているので、余計な利息を払っているのです。

 

この場合同じ金額でもまとめて1件にしたほうが、確実に金利を下げることが出来ます。

 

・メリットを生むポイント

借り換えローンがメリットを生むのは、現在のローンの利息とくらべて得になる場合、返済期間があまり長期でない場合などです。

 

現在の金利が高くないなら無理に借り換えをする必要はありませんし、返済期間が非常に長くなるとその分払う利息が多くなる場合があるので、期間が短い場合にしたほうが良いでしょう。

 

そして自分の収入の見込みをちゃんと理解して無理な額は設定しなければ、どんどん借金を減らして行くことも可能でしょう。

 

金利の面で言えば、やはりおすすめなのは銀行カードローンです。もし手元の融資先にすでに銀行カードローンがあるなら、それを最大限に利用するのも良い手段です。