借り換えローンが向いている人ってどんな人?

借り換えローンをすべき人というのはどういった人なのでしょうか。

 

借り換えローンやおまとめローンなどといった商品はたくさんありますが、当然審査がありますので、通りやすい人についてもまとめてみましょう。

 

・グレーゾーン金利返済中の人

借り換えローンの審査がほぼスルーで通る人は、貸金業法改正前、上限金利引き下げ前のグレーゾーン金利が適用されている時代に借り入れをして、しかも今もまだ返済を続けている人です。

 

その時代は年収に関係なく多額の借り入れが可能でしたし、年率も29.2%という高金利が適用されても問題がないことになっていますので、借り換えに関してはほぼ通るでしょう。

 

もっとも、この条件の該当者は過払い請求の手段に出る人も多いのですが、過払い請求は個人信用情報に事故情報として記載されるために、どちらが有利か検討する人もいます。すべて完済してからの過払い請求であれば記載されないために、そちらのほうがメリットだと考える意見もあるようです。

 

・毎月の返済額が多く設定されている

契約に書かれている返済金額の設定では、大手の消費者金融だと、例えば元金30万円だったとして、月々の返済額は1万円程度、元金50万円だったとして月々の返済額は1.8万円程度になっています。この数字よりも高い数字が記載されている契約書があれば、借り換えローンを組める可能性が高いでしょう。

 

また、ボーナスもあわせて返済にあてている契約の場合、当然年間に支払う返済額が増えるので、これも借り換えによって有利になる条件と認められる場合があります。要は、大きな負担が小さくなる、という借り手有利の内容がハッキリわかるような資料がある場合、総量規制の例外が認められやすくなるということです。

 

・借り換え以上の融資も可能

条件によっては、今の借り入れ分を借り換えるだけでなく、あらたにプラスαの融資分を上乗せしてくれる融資先もあるでしょう。月の返済額が減る分、融資側も目一杯融資したいと考えますので、まとめた上にあらたな融資枠が設けられる場合もあるでしょう。