消費者金融の借り換えローン

少しでも借り換えについて勉強した人なら、おそらく借り換えローンなら銀行カードローンを狙うべきと認識していることでしょう。

 

でも最近よく目にするのは、大手消費者金融の借り換えローンの宣伝です。
おまとめローンなどとも言われていますよね。

 

こうした消費者金融の借り換えローンは、実際のところメリットがあるのでしょうか。

 

・借り換えの原則は低金利

借り換えをする意味は、とにかく金利しかありません。
金利が変わらないなら、借り換えの意味はないと言っていいでしょう。

 

そして借り換えたら元の借り入れは繰り上げ返済で完済しなければ意味がありません。
契約数が減らなければ単純にローン契約が増えるだけだからです。

 

借り換えローンでは、消費者金融ではなく銀行カードローンを選ぶべきというのはこの点に尽きることで、もともと金利の高い消費者金融ではあまりメリットのある借り換えにならない可能性が高いでしょう。

 

それでも最近では消費者金融の積極的な借り換えアピールが行われていますね。

 

・消費者金融で成功するケース

結論から言うと、大手消費者金融で借り換えをする場合、100万円以上のまとまった金額になるのであれば、借り換えのメリットが生まれる可能性があると言えます。
なぜ100万円なのか?それは貸金業法で、100万円以上の貸付に対しては金利の上限は15%以下でなければならないという法律があるからです。

 

全部のケースが当てはまるとは言えませんが、ほとんどの借り入れは金利18%前後の設定が適用されていると思います。でもそうした借り入れをまとめて100万円を超える額にすると、法律上、金利は下げざるを得なくなるわけです。

 

簡単に言ってしまえば、50万円の借り入れが2件あるなら、100万円の借り入れ1件にしたほうが絶対に金利が特になるということですね。

 

・本命前の整理として

本来なら、やはり金利が断然低い銀行カードローンのほうがおすすめです。
でもいきなり審査を受けて弾かれてもダメージが大きいですよね。

 

まず自力で手元の借り入れを整理して、完済したところは片っ端から契約を切っていく、このことで、最終的に低金利の銀行カードローンに借り換えが可能になる道も見えて来ます。その前段階としては、消費者金融のおまとめローンなどをうまく利用するという方法もあるのです。