借り換えローンに総量規制はない?

借り入れをまとめるというのはとても魅力があるけれど、そもそもまとめたら年収の3分の1を超えるのでまとめることは出来ないと思っている人は意外と多いです。借り換えについては、一定の条件があれば、消費者金融でも可能になる場合があります。

 

そのあたりについてまとめてみましょう。

 

・総量規制例外貸付

本人の年収の3分の1以上の借り入れは出来ないのが総量規制の法律です。

 

もちろん銀行はもともと総量規制対象外ですので、借り換えローンを銀行カードローンにするなら問題はありません。ただ、銀行以外の消費者金融ではそもそも無理なのか?というとそんなことはなく、条件に合えば「総量規制例外貸付」という例外が認められるケースがあるのです。

 

その内容はいくつかあり、「顧客に一方的に有利となる借り換え」の他に「緊急の医療費の貸付」など、社会的人道的に特別緊急を必要とする時の貸付などにはそもそも例外が認められています。

 

私たちが希望する借り換えローンは、この例外の中で最初に挙がっている「有利となる借り換え」にあたりますよね。つまり、私たち借りる側が一方的に有利になる内容であれば、消費者金融でも総量規制を受けずに融資を行えるということになります。

 

・「有利になる」とは

では具体的にどういうものが認められることになるのでしょうか。

 

それは「毎月の返済額が減少する、または返済総額が減少する」「追加の担保や保証が無い」といった条件で、今の借り入れよりたった1%でも利率が下がれば、それだけでも認められる可能性はあるのです。

 

少々細かい話をすると、金利を引き下げることで長期返済では返済総額が増える場合もあるにはあるのですが、これは「段階的な債務の減額」として認められる場合があります。

 

簡単に言ってしまえば、「金利が下がる」「毎月の返済が減る」ということが有利な条件として総量規制の例外が認められる可能性があるということですね。

 

実は貸す側も出来るだけ上限いっぱいまでお金を貸したいのです。
消費者金融を諦めてしまう前に、借り換えの交渉をしてみるというのは大事なポイントです。