多重債務を避けるためには?

お金を借りることで一番怖いのは、多重債務者になってしまうことです。これは誰もが陥りがちなことなのですが、借金を返すための借金が始まりであることがほとんどです。

 

返すために借りるとなると、複利方式によってあっという間に多重債務者になってしまいます。返しても返しても元金が減らないという返済地獄に陥らないためにも、返済のためにあらたな借金をするという図式だけは避けなければいけません。

 

・借り換えはどう違う?

借り換えは、返済のための借金ではなく、今ある借り入れ契約をすげ替える、と言ったほうが良いでしょう。変える以上、当然条件が有利な内容に変える必要があります。

 

同じ金額を借りていても、返す額が増減するのはひとえに金利の違いです。

 

少しでも金利が低いところに契約を切り替えるというのが借り換えですから、借金の上塗りとはちょっと違います。成功例としては、当然借り入れ総額は変わらなくても、金利が低くなった分、支払うべきお金が少なくなるという結果になります。なんでもまとめれば良いというものではありませんが、きちんと計画すれば負担を軽減することは可能です。

 

・間違いだらけのおまとめローン

たまにある大きな間違いは、わざわざ金利の高い消費者金融にまとめてしまうことです。

 

いくら借金は件数が重要とは言え、わざわざ金利の高いところから多額を借りることには意味はありません。件数を減らさないと銀行カードローンも申し込めないというのもわかりますが、とにかく金利の高いところは早く完済して契約を切るというのが鉄則です。

 

更に多額を借りてしまったのでは、借り換えの意味はなくなってしまいます。

 

・最終的には債務整理に

借り入れでどうしようもなくなってしまった場合には、債務整理の方法として、自己破産や任意整理、民事再生の手続きがあります。軽い気持ちで借り入れをした先に、このような事態が待ち構えていたのではあまりに悲しいですね。

 

借金を隠すためにまた借金をするなどという上塗りは、絶対にしてはいけません。
借り換えは、完済のための手段だということを忘れないようにしましょう。