借り換えローンの手順・申し込み方法

実際に借り換えローンを利用して負担を軽減するための手段をまとめてみましょう。途中でこころがグラグラするようなこともあるかもしれませんが、最後まで目的を見失わないことが肝心です。

 

・まずは手元を整理する

借り入れの件数が5件にも及ぶと、もう返済日や返済スケジュールやいつ完済出来るのかなどがわからなくなっている可能性があります。でもキレイにするには長期的に自分で計画を遂行する必要がありますので、とにかく今ある借り入れの情報を整理して下さい。

 

面倒だからといってどこかに丸投げしたいと思うと、結局かえって損をすることになります。
おまとめローンで更に100万円も返済が増えた、などというのは絶対にイヤですよね。

 

・完済する順番を決める

完済する順番を決める鉄則は、まず「借りている額が少ないところ」が一番先、その次が「金利の高いところ」です。少額は返しやすいですし、何より件数が減らせられるので非常に心がスッキリします。

 

結果を出しやすいところからどんどん出していきましょう。限度額がいっぱいな場合は、金利が低く、返済実績もあるところに増額を交渉しても良いでしょう。

 

・少なくとも3件以下に

新しい借り入れ先を探す場合は、少なくとも借り入れの件数が3件以下になってからにしましょう。特に借り換えを狙うなら銀行カードローンを是非とも狙いたいですから、整理しないままに申し込むのは大きな間違いです。

 

完済したら必ず解約手続きをして、個人信用情報をキレイにしていくことも重要です。例え限度額が低くても、銀行カードローンは長期的に利用するメリットがありますので、確保しておきましょう。

 

・低金利へまとめて行く

とにかく完済して契約数を減らす、そして金利の高いものは低いところの借り入れにすげ替えて行く、というパズルを行っていくことで、最終的には低金利の融資先1本に落ち着かせるというのが借り入れのプランです。

 

どこかの業者に丸投げしてまとめてもらうというよりも、自分で1つずつ整理していったほうが必ずうまくいきます。それでもうまくいかない場合は特定非営利活動法人 生活安全センターなどに無料で相談する方法もあります。