勤務先への電話連絡・在籍確認について

カードローンやキャッシングに申し込んだ人は必ず審査を受けることが必要です。

 

金融業者が申し込みの際に申請した内容で融資をすることに問題がない人物であるかを判断する為のものですので、避けて通ることはできません。そして審査の最終段階として行われるのが在籍確認です。

 

これは、申し込みの際に記載された職場できちんと仕事をしているかということを確認することで、収入が確保されているということを証明できるものであり、やましいことがないのなら恐れることはありません。

 

しかしカードローンやキャッシングに申し込んだ人にとっては、「借金をしている」ということが周囲にバレるとバツが悪いものです。それだけお金にだらしない人物と思われたり、仕事上でも信頼できないと思われてしまうのではないかという不安があるからです。

 

そこで金融業者から勤務先への電話連絡・在籍確認はなるべくして欲しくない、或いはバレないようにして欲しいと思うものですね。残念ながら金融業者も商売ですから、在籍確認はしない訳にはいきません。

 

自分が直接電話を受けることができる仕事なら良いのですが、接客業や外回りなどがあるとどうしても他の人が電話を受けることになり、やきもきちすることでしょう。

 

金融業者からの電話連絡や在籍確認は、基本的には会社名を名乗ることはありません。担当者本人の個人名でかけてくることが殆どですので、借金をしていることがバレることはないでしょう。

 

それでも滅多に電話がかかってくることのない人に個人名で電話がかかってくることがあれば、応対した人にとっては記憶に引っかかるものになることでしょう。

 

最近では金融業者も顧客第一に考えてくれているので、こちらから希望すれば仮名を使ってかけてくれる様になっています。「鈴木」「佐藤」などのありふれた名前でかけて貰うことで、電話を受けた人の記憶もすぐに薄れるようになります。

 

また、さりげなく事務担当の人に「鈴木さんって言う人から電話があるかも知れないけど、後でこちらから掛け直すと伝えて頂けますか」と前振りをしておくことで予防線を張ることも可能となります。