お金の返済が遅れたらどうなる?

カードローンやキャッシングはお金を借りていると言うことですから、必ず返済期日までに決められた金額の返済を行わなければいけません。

 

借りた額に応じて返済額が決まるため、無理な借り入れを行わなければ毎月の返済額はそれほど高い金額になることは無いでしょう。しかし考えなしに借り入れを繰り返した場合、毎月の返済額も増えてしまい、最悪の場合返済が遅れてしまうという状況にもなりかねません。

 

返済の遅れが数日程度遅れたり、遅れたことを業者に連絡や相談していた場合にはそれほど大きな問題にはならないことが多いようです。しかしそれが何度も続いたり、連絡もせずに遅延が発生した場合にはやはりそれなりのペナルティを覚悟する必要があります。

 

消費者金融での利用に関しては、借り入れから返済に至るまで信用情報機関というところに情報が残るようになっています。ですから遅延を繰り返していたり、返済の催促を無視し続けていると、この人は要注意人物だというチェックを付けられブラックリストという状態になる可能性が極めて高くなります。

 

ブラックリストになってしまうと、現在借り入れがあるカードローンの利用停止はもちろんのこと、他社での新たなローンも、自動車ローンなどの一般ローンに至るまで利用することが出来なくなってしまいます。

 

一度ブラックリストに載ってしまうと、借り入れを完済したとしても5年間はローンの利用やクレジットカードの申込が出来なくなるため、非常に生活が不便になってしまいます。一般の人が出来ることが全くできなくなってしまう、それがブラックリストに掲載されたペナルティと言えるでしょう。

 

ブラックリスト=信用の無い人間という意味合いとなりますので、返済の遅れには十分注意しなければいけないでしょう。借りたものは返すという当たり前のことを怠った結果社会的信用を失ってしまうのはあまりにも情けない話しですから、無理の無い借り入れと、確実な返済を心がける必要があるのではないでしょうか。