総量規制があると年収の3分の1までしか借りれない?

総量規制という言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

一時期問題となったグレーゾーン金利や、多重債務者の増加を重く見た国が決めた法律が総量規制という法律です。この法律は貸金業法のもとで貸金業を行っている業者には全て適用される法律で、お金を借りる際には避けて通れない法律だと言えます。

 

銀行のカードローンやキャッシングに関しては貸金業法ではなく銀行法という別の法の元営業を行っているため、総量規制の規制対象にはなりません。同じようなカードローンでも、貸金業法なのか銀行法なのかでお金を貸し方が大きく違うと言えるでしょう。

 

総量規制では、年収の三分の一以上の貸付を禁止しているため、貸金業法下で営業をしている限り、どのような場合があっても三分の一を越える貸付は出来なくなっています。

 

もし三分の一を越える貸付を行う業者がいたとするならば、それは正規の登録をされていない貸金業者だといえますから注意が必要でしょう。

 

ただし借り換えローンやおまとめローンといった返済に特化したローンに関しては、総量規制の対象外となる場合もあるようです。

 

総量規制は消費者金融だけでなく信販会社などが発行しているクレジットカードのキャッシング枠も対象となるため、キャッシング利用が多額の場合、消費者金融のカードローンが利用できない場合もあります。逆に消費者金融の利用が多額で、年収の三分の一に近い場合、クレジットカードのキャッシング枠の利用停止になる場合もあります。

 

総量規という名の通り借りることができる金額の総量を規制する法律なので、キャッシング枠のついたクレジットカードを複数枚持っていた場合でも、規制されてしまう恐れが有ることを知っておく必要があるでしょう。これは使っていなくてもキャッシング枠の限度額が問題なので、もし使わないカードを持っているのであれば、解約したほうが良い場合もあります。

 

総量規制はお金の借りすぎを防ぐと共に多重債務者の数を減らすことが目的なので、複数の業者に借り入れが有る人は特に注意すべき法律だと言えます。