高額融資の申し込みに必要な本人確認書類と収入証明書

キャッシングなどを利用する場合、金融会社に提出する書類を準備する必要があります。

 

これは全ての消費者金融、銀行で必ず必要になるものですから申し込みを行う前には必ず準備する必要があります。まず必ず必要になってくるものが本人確認書類と呼ばれる書類です。

 

これは申込した人の素性を知る上で必要不可欠な書類ですから、これがない人は申し込みすらできないと言うことになります。一般的に本人確認書類として最も利用しやすいのが運転免許証でしょう。どの金融業者の提出書類を見ても、必ず最初に記載されているのが運転免許証ですから、確認書類として最も信頼性が高いものだと言えます。

 

次に多いのが健康保険証やパスポート、住民基本台帳カードといった証明書ではないでしょうか。住民基本台帳カードに関しては、それだけで証明書としての効力を発揮してくれますが、業者によっては住民基本台帳カードを証明書として認めていない業者もあるため、使える場合と使えない場合があるようです。

 

健康保険証やパスポートに関しては、他に現住所を示す書類が必要になる場合が多いようです。住民票や公共料金の領収書など、現住所が記載されているものが別途必要になるので用意しておく必要があります。

 

収入証明書は、現在の収入を示すために必要な書類えす。ただし一定額以下の申込みの場合、収入証明書を必要としない場合が有りますので、必ず必要になる書類ではありません。

 

業者ごとに一定額の基準が違いますが、多くの金融業者が300万円程度までなら収入証明書の提出は必要ないという場合が多いようです。収入証明書の種類ですが、給料明細書、源泉徴収票、所得証明書などがそれにあたります。所得証明書などは市役所で貰うことができますから、必要であれば用意しておくと良いでしょう。

 

300万円以上の申し込みや、業者が決めた基準以上の申込、他社で借り入れがある場合には、収入証明書の提出が必須となりますから、忘れないように準備して提出しなければいけません。