他社借入がある場合でも借りれる?

カードローンやキャッシングを利用する場合、必ず利用できる限度額というものが存在しているため自分が思っていた通りの金額を利用できない場合が有ります。

 

そんな場合に行いがちなのが、他のカードローンに申し込むといった方法でしょう。

 

カードローンをすでに利用していながら他社のカードローンを利用できるのかと言えば、答えはイエスでもありノーでもあるといえます。

 

これは業者によって異なりますが、複数のカードローンを利用している場合には申し込みを拒否する会社と、3社くらいまでの利用であれば申し込みを許可する業者がいるため、一概に全ての業者で他社借り入れがある場合は申し込み不可となるわけではないようです。

 

よく言われている限度が、三社を超えた場合に申し込みを受け付けないというケースが多いようですから、1社だけ借り入れが有る場合には特に問題なく他のカードローンの利用は可能になるのではないでしょうか。

 

ただし、ここで問題となってくるのが総量規制という問題です。

 

銀行のカードローンの場合には問題ありませんが、消費者金融のカードローンなどの場合には、年収の三分の一以上の貸付を禁止した総量規制の壁が必ず立ちはだかります。

 

例えば年収210万円ですでに1社に借り入れが70万円ある場合、総量規制の壁がネックとなり新たなカードローンの利用は出来ないと言えます。これは1社だろうが3社だろうが関係なく、借りている金額が問題になってくるわけです。ですから他社借り入れが1社の場合でも、新たな利用は不可能になるケースも存在しているわけです。

 

一般的には総量規制の問題が無ければ、他社に借り入れが合っても新たなカードローンの利用は可能な場合が多いですから、申し込む前にまずは相談して見るほうが確実かもしれません。

 

業者によってはすでにある借り入れ額が一定金額を超えている場合、収入証明書の提出を義務付けている場合もありますから、借り入れの金額によってかなり申し込みの際の手順や、申し込みOKなのかNGなのかが変わってくるのではないでしょうか。