オリックス銀行カードローンの特徴・ポイント

オリックス銀行は、いわゆるメガバンクと比較してみると有名な銀行だとは言えないのが正直なところです。最近は非常にカードローンにチカラを入れていて、CMなどもたくさん打っていますが、その実態や特徴などについてまとめてみましょう。

 

・オリックス銀行カードローンとは

オリックスと聞くと野球チームばかりを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、法人向けや個人向けの金融サービスや自動車関連、不動産関連、環境エネルギー関連などかなり幅広く事業を行っている大手グループです。

 

オリックス銀行はオリックスグループの傘下になりますが、ネット銀行なので店舗やATMといった設備は一切持っていません。毎月の安定した収入のある人向けにカードローン融資を行っていて、銀行としては珍しく専業主婦や学生などは申し込み自体不可としています。

 

・口座は必要なし

オリックス銀行に口座は要らないとしていますが、ジャパンネット銀行を指定振込先にすると24時間365日、リアルタイムに融資を行うとしていますので、どちらかと言うとそちらのほうが指定口座のような感じですね。

 

ネット銀行なのでATMはありませんが、提携している89,000台のATMは無料で利用可能ということですので利便性に問題はないでしょう。ただし、審査のスピードはかなり遅いようです。

 

・金利が高いが・・・

最近のネット銀行は非常に金利の高いカードローン商品が多いですが、オリックス銀行カードローンも例にもれず、実質年率が3.0%から17.8%となっています。

 

これはかなり高い設定ですので、この点からするとあまり積極的に融資を受けたい先ではありません。ただし、オリックス銀行カードローンは取引の最高金額が800万円というかなり高額を設定していて、これは他行から頭一つ分以上飛び出た数字になっています。

 

もし取引の限度額が700万円を超えるのであれば、実質年率は3.0%から4.8%まで下がりますので、かなり低い設定になります。もちろんそこまで高額を取引することはあまり無いと思いますが、200万円あたりの金利を見ると6.0%から12.8%なので、多少は期待出来る数値とは言えそうです。