新生銀行カードローン レイクの特徴・ポイント

新生銀行カードローン レイクは、大手消費者金融が銀行の傘下となったブランドです。

 

レイクはとても有名ですし、店舗数も自動契約機の設置台数もたくさんあるので、知っている人も多いでしょう。消費者金融時代のノウハウを活かして柔軟な融資を行っていて、サービスもキメ細やかなことから現在でも人気のあるカードローンです。

 

そんな新生銀行カードローン レイクの特徴をまとめてみましょう。

 

・新生銀行カードローン レイクとは

新生銀行の傘下となり銀行系のカードローンとなりましたが、ブランドとしての歴史は古く、よく知られた大手会社です。

 

当時から変わらない運営をしている部分も多いですが、現在の体制になって何が変わったかと言えば、消費者金融という立場ではなく銀行という立場になったことで総量規制対象外となったことが一番大きいでしょう。

 

過去にはどちらかと言えば少額を短期で借りるといった利用者が多かったと思いますが、新生銀行となったことにより、より高額融資に考え方をシフトする利用者も出て来ているブランドでしょう。

 

・金利は高い

銀行系とは言え、新生銀行カードローン レイクは金利の面では消費者金融のままの運営です。ここは考え違いをしないほうが良い点ですね。

 

貸金業法の最高金利に近い設定ですので、少額をちょっと借りると言っても利息は馬鹿になりません。ホントに生活費がピンチの時に少額融資を受けてすぐに返すような利用方法か、逆に金利の引き下げ交渉が行えるくらいのまとまった額の融資を希望するかといった選択になるかと思いますが、それでも金利の面ではあまり楽観視はしないほうが良いでしょう。

 

融資限度額の最高額は500万円です。

 

ただし、銀行カードローンとしては珍しく、初回のみ無利息期間がありますので、それを利用する手はあります。提携ATMの手数料無料も利点です。

 

・銀行としては審査が早い

誰でもそうとは限りませんが、レイクの消費者金融ノウハウが活きていますので審査スピードはおおむね早いですね。当然高額融資希望ともなれば条件は厳しくなりますが、他の銀行系に比べれば期待出来る部分があります。