高額融資を受けたいなら銀行カードローン一択!

100万円以上の高額融資を受けたいのであれば消費者金融で反買う銀行カードローンを選ぶ必要があります。何故なら総量規制という法律があるので消費者金融からは年収の3分の1までしか借りる事ができないからです。

 

年収が300万円の人は最高でも100万円までしか借りれないという事です。
しかし銀行カードローンであれば総量規制の対象外なので年収の制限はありません。

 

しかも限度額についても圧倒的に高いので、高額融資を希望している方は銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

 

お金の返済が遅れたらどうなる?

カードローンやキャッシングはお金を借りていると言うことですから、必ず返済期日までに決められた金額の返済を行わなければいけません。

 

借りた額に応じて返済額が決まるため、無理な借り入れを行わなければ毎月の返済額はそれほど高い金額になることは無いでしょう。しかし考えなしに借り入れを繰り返した場合、毎月の返済額も増えてしまい、最悪の場合返済が遅れてしまうという状況にもなりかねません。

 

返済の遅れが数日程度遅れたり、遅れたことを業者に連絡や相談していた場合にはそれほど大きな問題にはならないことが多いようです。しかしそれが何度も続いたり、連絡もせずに遅延が発生した場合にはやはりそれなりのペナルティを覚悟する必要があります。

 

消費者金融での利用に関しては、借り入れから返済に至るまで信用情報機関というところに情報が残るようになっています。ですから遅延を繰り返していたり、返済の催促を無視し続けていると、この人は要注意人物だというチェックを付けられブラックリストという状態になる可能性が極めて高くなります。

 

ブラックリストになってしまうと、現在借り入れがあるカードローンの利用停止はもちろんのこと、他社での新たなローンも、自動車ローンなどの一般ローンに至るまで利用することが出来なくなってしまいます。

 

一度ブラックリストに載ってしまうと、借り入れを完済したとしても5年間はローンの利用やクレジットカードの申込が出来なくなるため、非常に生活が不便になってしまいます。一般の人が出来ることが全くできなくなってしまう、それがブラックリストに掲載されたペナルティと言えるでしょう。

 

ブラックリスト=信用の無い人間という意味合いとなりますので、返済の遅れには十分注意しなければいけないでしょう。借りたものは返すという当たり前のことを怠った結果社会的信用を失ってしまうのはあまりにも情けない話しですから、無理の無い借り入れと、確実な返済を心がける必要があるのではないでしょうか。

 

勤務先への電話連絡・在籍確認について

カードローンやキャッシングに申し込んだ人は必ず審査を受けることが必要です。

 

金融業者が申し込みの際に申請した内容で融資をすることに問題がない人物であるかを判断する為のものですので、避けて通ることはできません。そして審査の最終段階として行われるのが在籍確認です。

 

これは、申し込みの際に記載された職場できちんと仕事をしているかということを確認することで、収入が確保されているということを証明できるものであり、やましいことがないのなら恐れることはありません。

 

しかしカードローンやキャッシングに申し込んだ人にとっては、「借金をしている」ということが周囲にバレるとバツが悪いものです。それだけお金にだらしない人物と思われたり、仕事上でも信頼できないと思われてしまうのではないかという不安があるからです。

 

そこで金融業者から勤務先への電話連絡・在籍確認はなるべくして欲しくない、或いはバレないようにして欲しいと思うものですね。残念ながら金融業者も商売ですから、在籍確認はしない訳にはいきません。

 

自分が直接電話を受けることができる仕事なら良いのですが、接客業や外回りなどがあるとどうしても他の人が電話を受けることになり、やきもきちすることでしょう。

 

金融業者からの電話連絡や在籍確認は、基本的には会社名を名乗ることはありません。担当者本人の個人名でかけてくることが殆どですので、借金をしていることがバレることはないでしょう。

 

それでも滅多に電話がかかってくることのない人に個人名で電話がかかってくることがあれば、応対した人にとっては記憶に引っかかるものになることでしょう。

 

最近では金融業者も顧客第一に考えてくれているので、こちらから希望すれば仮名を使ってかけてくれる様になっています。「鈴木」「佐藤」などのありふれた名前でかけて貰うことで、電話を受けた人の記憶もすぐに薄れるようになります。

 

また、さりげなく事務担当の人に「鈴木さんって言う人から電話があるかも知れないけど、後でこちらから掛け直すと伝えて頂けますか」と前振りをしておくことで予防線を張ることも可能となります。

 

他社借入がある場合でも借りれる?

カードローンやキャッシングを利用する場合、必ず利用できる限度額というものが存在しているため自分が思っていた通りの金額を利用できない場合が有ります。

 

そんな場合に行いがちなのが、他のカードローンに申し込むといった方法でしょう。

 

カードローンをすでに利用していながら他社のカードローンを利用できるのかと言えば、答えはイエスでもありノーでもあるといえます。

 

これは業者によって異なりますが、複数のカードローンを利用している場合には申し込みを拒否する会社と、3社くらいまでの利用であれば申し込みを許可する業者がいるため、一概に全ての業者で他社借り入れがある場合は申し込み不可となるわけではないようです。

 

よく言われている限度が、三社を超えた場合に申し込みを受け付けないというケースが多いようですから、1社だけ借り入れが有る場合には特に問題なく他のカードローンの利用は可能になるのではないでしょうか。

 

ただし、ここで問題となってくるのが総量規制という問題です。

 

銀行のカードローンの場合には問題ありませんが、消費者金融のカードローンなどの場合には、年収の三分の一以上の貸付を禁止した総量規制の壁が必ず立ちはだかります。

 

例えば年収210万円ですでに1社に借り入れが70万円ある場合、総量規制の壁がネックとなり新たなカードローンの利用は出来ないと言えます。これは1社だろうが3社だろうが関係なく、借りている金額が問題になってくるわけです。ですから他社借り入れが1社の場合でも、新たな利用は不可能になるケースも存在しているわけです。

 

一般的には総量規制の問題が無ければ、他社に借り入れが合っても新たなカードローンの利用は可能な場合が多いですから、申し込む前にまずは相談して見るほうが確実かもしれません。

 

業者によってはすでにある借り入れ額が一定金額を超えている場合、収入証明書の提出を義務付けている場合もありますから、借り入れの金額によってかなり申し込みの際の手順や、申し込みOKなのかNGなのかが変わってくるのではないでしょうか。

 

総量規制があると年収の3分の1までしか借りれない?

総量規制という言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

一時期問題となったグレーゾーン金利や、多重債務者の増加を重く見た国が決めた法律が総量規制という法律です。この法律は貸金業法のもとで貸金業を行っている業者には全て適用される法律で、お金を借りる際には避けて通れない法律だと言えます。

 

銀行のカードローンやキャッシングに関しては貸金業法ではなく銀行法という別の法の元営業を行っているため、総量規制の規制対象にはなりません。同じようなカードローンでも、貸金業法なのか銀行法なのかでお金を貸し方が大きく違うと言えるでしょう。

 

総量規制では、年収の三分の一以上の貸付を禁止しているため、貸金業法下で営業をしている限り、どのような場合があっても三分の一を越える貸付は出来なくなっています。

 

もし三分の一を越える貸付を行う業者がいたとするならば、それは正規の登録をされていない貸金業者だといえますから注意が必要でしょう。

 

ただし借り換えローンやおまとめローンといった返済に特化したローンに関しては、総量規制の対象外となる場合もあるようです。

 

総量規制は消費者金融だけでなく信販会社などが発行しているクレジットカードのキャッシング枠も対象となるため、キャッシング利用が多額の場合、消費者金融のカードローンが利用できない場合もあります。逆に消費者金融の利用が多額で、年収の三分の一に近い場合、クレジットカードのキャッシング枠の利用停止になる場合もあります。

 

総量規という名の通り借りることができる金額の総量を規制する法律なので、キャッシング枠のついたクレジットカードを複数枚持っていた場合でも、規制されてしまう恐れが有ることを知っておく必要があるでしょう。これは使っていなくてもキャッシング枠の限度額が問題なので、もし使わないカードを持っているのであれば、解約したほうが良い場合もあります。

 

総量規制はお金の借りすぎを防ぐと共に多重債務者の数を減らすことが目的なので、複数の業者に借り入れが有る人は特に注意すべき法律だと言えます。

 

高額融資の申し込みに必要な本人確認書類と収入証明書

キャッシングなどを利用する場合、金融会社に提出する書類を準備する必要があります。

 

これは全ての消費者金融、銀行で必ず必要になるものですから申し込みを行う前には必ず準備する必要があります。まず必ず必要になってくるものが本人確認書類と呼ばれる書類です。

 

これは申込した人の素性を知る上で必要不可欠な書類ですから、これがない人は申し込みすらできないと言うことになります。一般的に本人確認書類として最も利用しやすいのが運転免許証でしょう。どの金融業者の提出書類を見ても、必ず最初に記載されているのが運転免許証ですから、確認書類として最も信頼性が高いものだと言えます。

 

次に多いのが健康保険証やパスポート、住民基本台帳カードといった証明書ではないでしょうか。住民基本台帳カードに関しては、それだけで証明書としての効力を発揮してくれますが、業者によっては住民基本台帳カードを証明書として認めていない業者もあるため、使える場合と使えない場合があるようです。

 

健康保険証やパスポートに関しては、他に現住所を示す書類が必要になる場合が多いようです。住民票や公共料金の領収書など、現住所が記載されているものが別途必要になるので用意しておく必要があります。

 

収入証明書は、現在の収入を示すために必要な書類えす。ただし一定額以下の申込みの場合、収入証明書を必要としない場合が有りますので、必ず必要になる書類ではありません。

 

業者ごとに一定額の基準が違いますが、多くの金融業者が300万円程度までなら収入証明書の提出は必要ないという場合が多いようです。収入証明書の種類ですが、給料明細書、源泉徴収票、所得証明書などがそれにあたります。所得証明書などは市役所で貰うことができますから、必要であれば用意しておくと良いでしょう。

 

300万円以上の申し込みや、業者が決めた基準以上の申込、他社で借り入れがある場合には、収入証明書の提出が必須となりますから、忘れないように準備して提出しなければいけません。

 

高額融資の際は少しでも低金利で契約するべき

カードローンやキャッシングを利用する際に、少しでも低金利で契約したいと思う方は多いと思います。当然の事ではありますが、先ずは各金融機関の貸し出し金利を比較する事が大切です。

 

一般的には信販系や消費者金融系の金利が銀行系に比べ高いともいえます。これは担保や保証人は不要といったことあり、仕方のないところでもあります。逆に銀行系は貸出金利は低いですが、審査が厳しい事や審査に時間がかかる事が多いといえます。

 

消費者金融の金利では、ほとんどが最低数パーセントから最高数パーセントといった具合に幅を持たせた形で表示してあります。審査によってこの範囲で金利を設定されるので、どのくらいの金利が適応になるのかは申し込み時にはわかりません。

 

しかし、一般的に小口の借入れや初めての借入れの人の場合は最高に近い金利やそれに近い金利が適応されることが殆どです。逆に取引が長く、かつ健全に取引実績のある方や、高額融資のローンを利用する場合は、最低金利に近い金利が適応されることが多いです。

 

このように初めて利用される、ましてや小口の借入時には高い金利を適用せられる事が多いので、少しでも低金利で借りるには、最高金利が出来るだけ低い業者を選ぶのが賢明です。

 

ですので、あくまでも表示してある最低金利に目を向けるのでなく、出来るだけ最高金利が低いところを選ぶ、更には、約定金利といって実際にどの程度の金利で貸出しが行われたかという事を調べる事で、低金利で借り入れができる可能性があります。

 

そしてもう一点、実際に利用したい借入金額よりも多めに契約するという事も、大口契約とみなされ、金利を低くできる事があります。但し、総量規制の範囲内で申込みする事を忘れない様にしましょう。範囲超えてしまうと審査が通らなくなってしまいます。

 

後は、消費者金融の中には、一定期間無利息で借りられるサービスを行っているところがあります。無利息期間内で完済すれば、もちろん借り入れた元金のみの返済で済むため、利息の節約になります。これなら最高金利が他社より高かったとしても、一定期間無利息ならお得な場合が多いです。返済のめどが立っている借金の際には、ぜひ利用したいサービスです。

高額融資に最適な銀行カードローンについて

高額融資を受けるのに最適な銀行カードローンを利用したい場合、メリットとデメリットを掴んで利用する事が望ましいでしょう。

 

金融業者を利用してお金を借りたい場合の選択肢として、代表的な所でいうと銀行、信販、消費者金融を活用する事が一般的で、銀行はそれらの中でも最も社会的に信用が高くて、低金利設定でもあり、限度額が高いというメリットがあります。

 

デメリットとしては審査に慎重で対応が遅い傾向にあるという事で、急な出費が必要ですぐに借金したいという場合ではなく、じっくりと返済計画を練って低金利で返済が長期に渡るような場合は力を存分に発揮してくれます。

 

銀行カードローンでも地方銀行の場合は営業エリア内に住んでいるか、勤務先がある事が利用出来る条件になりますが、地方銀行でも低金利設定であり有利に活用する事が出来ます。

 

審査に慎重な傾向にあると言っても、審査に通りやすい公務員や正社員だけではなく、パートやバイトの方でも融資枠に応じて融資を行ってくれますし、最初から審査に通りにくいと捉えて諦めずに銀行カードローン審査にまわしてみるのも良いでしょう。

 

総量規制が適用されませんから、年収の3分の1以上の借り入れも可能になっており、住宅ローンや教育ローン、車ローンのように目的が明確で融資枠が大きい目的のローンを組む時は、銀行は非常に有利に活用出来ます。

 

最近ではインターネットを利用して申し込みや審査が行えるようになっており、契約時には店舗に行く必要がある銀行もありますが、自宅や職場からでもネット活用してカードローン審査に挑む事が出来るようになっていますし利便性が高くなっています。

 

カードローンを使いたい場合に一枚銀行カードを持っておくと何かと便利ですし、社会人になれば一枚持っておくと活用出来る場面も多くなります。

 

審査の速度は消費者金融には劣りますが、それでもネット対応によって速度は早くなってきています、利息負担が小さく借り入れが出来るのは大きな魅力です。