高額融資を受けたいなら銀行カードローン一択!

 

100万円以上の高額融資を受けたいのであれば消費者金融ではなく銀行カードローンを選ぶ必要があります。何故なら総量規制という法律があるので消費者金融からは年収の3分の1までしか借りる事ができないからです。

 

年収が300万円の人は最高でも100万円までしか借りれないという事です。
しかし銀行カードローンであれば総量規制の対象外なので年収の制限はありません。

 

しかも金利も消費者金融より銀行カードローンの方が圧倒的に低くて、限度額についても高いので、高額融資を希望している方は銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

 

高額融資を受けるならこの銀行カードローン

会社名 限度額 年率 収入証明
オリックス銀行カードローン 800万円 3.0%〜17.8% 300万以下不要
三菱東京UFJ銀行カードローン 500万円 4.6%〜14.6% 100万以下不要
じぶん銀行カードローン 500万円 3.9%〜17.5% 300万以下不要
楽天銀行カードローン 500万円 4.9%〜14.5% 300万以下不要
新生銀行カードローン レイク 500万円 4.5%〜18.0% 100万以下不要

 

限度額で見るとオリックス銀行カードローンが最高800万円までの高額融資に対応しているので良いですね。消費者金融では50万以上で必要となってしまう収入証明書類に関しても銀行カードローンであれば各社ごとに設定額が決まっています。

 

300万円以下不要の所であれば、運転免許証などの本人確認書類だけを用意すればかなり高額でも借りる事ができるので手続き面はとても楽です。

 

金利は借りる金額によって変わります!

 

高額融資の借り入れをする際に一番気になるのが金利の事。この金利については基本的に融資を受ける額が高額になればなるほど低くなるというテーブル制になっています。そこで各社の金利を比較してみましたので参考にしてください。

 

アナタが借りる額によってどこが一番金利が低いが分かります。

 

100万円を借りる場合
会社名 借りる額 年率
オリックス銀行カードローン 100万円 9.0%〜14.8%
三菱東京UFJ銀行カードローン 100万円 12.6%
じぶん銀行カードローン 100万円 3.9%〜17.5%
楽天銀行カードローン 100万円 9.6%〜14.5%
新生銀行カードローン レイク 100万円 12.0%〜15.0%
200万円を借りる場合
会社名 借りる額 年率
オリックス銀行カードローン 200万円 6.0%〜12.8%
三菱東京UFJ銀行カードローン 200万円 9.6%
じぶん銀行カードローン 200万円 3.9%〜17.5%
楽天銀行カードローン 200万円 6.9%〜14.5%
新生銀行カードローン レイク 200万円 12.0%〜15.0%
300万円を借りる場合
会社名 借りる額 年率
オリックス銀行カードローン 300万円 6.0%〜12.8%
三菱東京UFJ銀行カードローン 300万円 7.1%
じぶん銀行カードローン 300万円 3.9%〜17.5%
楽天銀行カードローン 300万円 4.9%〜12.5%
新生銀行カードローン レイク 300万円 9.0%〜15.0%
400万円を借りる場合
会社名 借りる額 年率
オリックス銀行カードローン 400万円 4.5%〜8.8%
三菱東京UFJ銀行カードローン 400万円 6.1%
じぶん銀行カードローン 400万円 3.9%〜17.5%
楽天銀行カードローン 400万円 4.9%〜8.9%
新生銀行カードローン レイク 400万円 7.0%
500万円を借りる場合
会社名 借りる額 年率
オリックス銀行カードローン 500万円 4.5%〜8.8%
三菱東京UFJ銀行カードローン 500万円 4.6%
じぶん銀行カードローン 500万円 3.9%〜17.5%
楽天銀行カードローン 500万円 4.9%〜7.8%
新生銀行カードローン レイク 500万円 4.5%

 

じぶん銀行は金額と属性によって3.9%〜17.5%で決められるようです。

 

高額融資の際は金利が○○%〜○○%になっている場合は属性が相当良ければ(弁護士とか医者とか)低い方に設定されると思いますが、会社経営とかあまり有名ではない会社に勤めている場合は高い方に設定される場合があります。

 

オススメなのは三菱東京UFJ銀行カードローンの様に○○%と決まっている所ですね。
※例えば400万円を借りる時もココだったら確実に6.1%と決まっています。

 

こういう所だったら審査通った時に思っていた金利より高くなってしまった・・・なんていう事がないので高額でも安心して借りる事ができます。

 

ココだけの話ですが、審査の面で見ても銀行カードローンの中で一番甘いと言われているのが三菱東京UFJ銀行カードローンです。というより審査はアコムに丸投げのようです。

 

アコムと言えば消費者金融の中でも今一番審査通過率が高い会社(※直近の審査通過率データでは48%)。約2人に1人は審査に通っている会社です。

 

高額融資なら三菱東京UFJ銀行カードローン

 

 

 

新生銀行カードローン レイクの特徴・ポイント

新生銀行カードローン レイクは、大手消費者金融が銀行の傘下となったブランドです。

 

レイクはとても有名ですし、店舗数も自動契約機の設置台数もたくさんあるので、知っている人も多いでしょう。消費者金融時代のノウハウを活かして柔軟な融資を行っていて、サービスもキメ細やかなことから現在でも人気のあるカードローンです。

 

そんな新生銀行カードローン レイクの特徴をまとめてみましょう。

 

・新生銀行カードローン レイクとは

新生銀行の傘下となり銀行系のカードローンとなりましたが、ブランドとしての歴史は古く、よく知られた大手会社です。

 

当時から変わらない運営をしている部分も多いですが、現在の体制になって何が変わったかと言えば、消費者金融という立場ではなく銀行という立場になったことで総量規制対象外となったことが一番大きいでしょう。

 

過去にはどちらかと言えば少額を短期で借りるといった利用者が多かったと思いますが、新生銀行となったことにより、より高額融資に考え方をシフトする利用者も出て来ているブランドでしょう。

 

・金利は高い

銀行系とは言え、新生銀行カードローン レイクは金利の面では消費者金融のままの運営です。ここは考え違いをしないほうが良い点ですね。

 

貸金業法の最高金利に近い設定ですので、少額をちょっと借りると言っても利息は馬鹿になりません。ホントに生活費がピンチの時に少額融資を受けてすぐに返すような利用方法か、逆に金利の引き下げ交渉が行えるくらいのまとまった額の融資を希望するかといった選択になるかと思いますが、それでも金利の面ではあまり楽観視はしないほうが良いでしょう。

 

融資限度額の最高額は500万円です。

 

ただし、銀行カードローンとしては珍しく、初回のみ無利息期間がありますので、それを利用する手はあります。提携ATMの手数料無料も利点です。

 

・銀行としては審査が早い

誰でもそうとは限りませんが、レイクの消費者金融ノウハウが活きていますので審査スピードはおおむね早いですね。当然高額融資希望ともなれば条件は厳しくなりますが、他の銀行系に比べれば期待出来る部分があります。

 

 

新生銀行カードローン レイクの高額融資

最近は、借り入れをまとめて返済を有利にするために、借り換えを行う算段をしている人が増えて来ました。でも融資をまとめるということは、当然高額融資に対応してくれる融資先が必要です。

 

そんな中、新生銀行カードローン レイクは高額融資の契約先として最近人気が集まっているブランドです。レイクを高額融資先と考えた時の内容についてまとめてみましょう。

 

・新生銀行カードローン レイクのスペック

銀行が行っている融資ですから、総量規制対象外です。

 

実質年率は4.5%から18.0%ですが、当然高額融資ということになれば100万円を超えることになると思いますので、法的に金利は最高でも15.0%までとなります。

 

融資の枠としては最高で500万円までですので、額としては申し分ないでしょう。

 

・新生銀行カードローン レイクの高額審査

初回の借り入れであれば無利息期間がありますので、まとまった額であれば全額30日間という無利息を利用するほうが得だとは言えるのですが・・・さすがに初回からいきなり最高額の500万円を借りるというのは難しいかもしれません。

 

とはいえすべては条件次第ですので、絶対に無理だとも言い切れませんが。

 

どれくらいが目安になるかと言えば、収入証明書類の提出について、新生銀行カードローン レイクは100万円からと指定しているところを見ると、だいたいそのあたりが判断の分かれ目になりそうですね。もともと法律で100万円以上は15%以上の金利を取れませんから、貸す側としても慎重になる金額であることは確かです。

 

・新生銀行カードローン レイクで高額融資を受けるなら

新生銀行カードローン レイクで高額融資にたどり着きたいという場合、一番早いのは契約して返済実績を重ねることです。きちんと借りてきちんと完済を重ねることで、新生銀行カードローン レイクからの信用度合いはどんどん上がって行くことになります。

 

もし今すでに新生銀行カードローン レイクと取引をしていて、ちゃんと返済実績があるのであれば、「融資をまとめたいので額のアップを検討してほしい」と要望しても良いでしょう。

 

新しい契約先を探すよりもずっと近道です。

 

 

楽天銀行カードローンの高額融資

楽天銀行スーパーローンを高額融資先と考えた時の内容についてまとめてみましょう。ネット銀行として現在の日本では最大手の銀行直営のカードローンですから、かなり期待したい部分はありますね。

 

・楽天銀行スーパーローンのスペック

楽天銀行スーパーローンは、実質年率4.9%から14.5%です。

 

融資限度額は500万円で、インターネット完結により最短では即日審査即日融資も行っています。ネットとは言えもちろん銀行なので、総量規制対象外です。

 

・楽天銀行スーパーローンの高額審査

楽天銀行スーパーローンは、初回金利ナシと言ったサービスは行っていませんが、入会時に1,000ポイントの楽天ポイントが付与されるキャンペーンなどは行われています。

 

とは言え、1,000ポイントは楽天市場で買い物する時の1,000円相当ですので、そこまで大きな特典ではありません。

 

大きなメリットとしては、融資300万円まで収入証明書類が原則要らないとされている点です。

 

当然提出を求められたら出す必要はありますし、個人事業主や法人代表者は必ず提出が必要ですが、一般的に考えて300万円を目安とすると、かなり高額融資にも期待が出来ますね。

 

実際、楽天銀行スーパーローンではおまとめ融資にチカラを入れていて、「入会金・年会費永久無料で、複数のローンを金利の低い楽天にまとめましょう」といった働きかけも積極的に行っています。

 

審査は最短当日を謳ってはいますが、最低でも2営業日くらいはみておいたほうが良いでしょう。

 

・楽天銀行スーパーローンで高額融資を受けるなら

初めての申し込みである程度まとまった高額融資を狙うのであれば、楽天銀行スーパーローンはかなり狙い目だと言えそうです。申し込みフォームにも目的欄に「借り換え」のチェック項目がありますので、ハッキリ意志表示をして交渉したほうが良さそうですね。

 

高額融資に関しては本人に毎月の安定した定期収入は必要ですし、在籍確認電話も必要ですので、それは認識しておきましょう。

 

 

楽天銀行カードローンの特徴・ポイント

楽天銀行は日本のネット銀行で最も有名な大手銀行と言えます。
ブランドとしてはCMを見ない日はないほどですし、知らない人はほとんどいませんね。

 

一般消費者へ向けて楽天カードや楽天ポイントなど独自の制度も昔から運営されていますし、そんな銀行のカードローンですから、楽天銀行スーパーローンはかなり人気の高い商品です。

 

どんな特徴があるのかまとめてみましょう。

 

・楽天銀行スーパーローンとは

楽天銀行が取り扱っているカードローンの商品名が楽天スーパーローンです。

 

ネット銀行の最大手が行っていますので、業績がふるわない現代日本のカードローンで、今一番勢い良く利用者数を伸ばしています。

 

2013年時点の情報にはなりますが、その時すでに貸付総額2,000億円を突破していましたので、他行の倍額の取引を行っているという実績が明らかになっています。

 

かなり信頼性の高い商品だと言えるでしょう。

 

・銀行ならではの低金利

最近では消費者金融が銀行の傘下になり、肩書としては銀行でありながら金利が消費者金融時代のままという運営を行っているところも多くなりました。ただ、楽天銀行スーパーローンは銀行としては新参者でありながら、最高金利14.5%という低金利を実現しているのが人気の理由です。

 

また、条件もかなり優遇されていて、インターネット完結なのは当然のこと、取引限度額300万円までは収入証明書類も求めないという利便性の高さから、かなり利用者にとって手の出しやすい内容になっているのが魅力です。

 

・口座開設は必要なし

ネット銀行はまず自分のところに口座を開設することを条件とする場合が多いのですが、楽天銀行スーパーローンはまったく関係なく申し込みが可能です。

 

また、口座は無くても良いとしておきながら、結局のところ開設しないと利用しにくいというケースも少なくないのですが、楽天銀行スーパーローンの場合、ほぼ不利な条件というのはないでしょう。ただ、ネット銀行ですから実在する店舗もATMもありませんので、ネット生活に不便を感じる人の場合は、逆に利便性の悪さを感じる可能性はあります。

 

 

じぶん銀行カードローンの高額融資

じぶん銀行カードローンはおまとめや借り換えを推しているネット銀行でもあります。特にauユーザーに対してはかなり優遇していますので、高額融資先と考えた時の内容についてまとめてみましょう。

 

・じぶん銀行カードローンのスペック

じぶん銀行カードローンの実質年率は3.9%から17.5%です。
これがauユーザーになると0.1%下がって3.8%から17.4%になります。

 

また、auユーザーが他社からの借り換えコースを選んだ場合、0.5%の最大金利優遇があり、年率3.4%から12.5%となります。ただし、12.5%というのは限度額が100万円以上になる場合に限りますので、100万円未満だと一般的なコースの金利になります。

 

返済は35日サイクルで、希望日を指定することが出来ます。

 

・じぶん銀行カードローンの高額審査

じぶん銀行カードローンの場合、収入証明書の提出が取引限度額300万円まで原則不要となっていますので、高額融資にも期待はかかります。

 

通常の金利で考えると正直なところあまり魅力のある年率ではないのですが、auユーザーであり、なおかつ目的が借り換えであると限定するなら、かなり有利な条件を引き出すことが出来そうです。取引限度額が100万円以上となることが必須ですが、適用金利が最高でも12.5%ですから、この数字を見る限りかなり魅力的ですね。

 

限定的ではありますが、条件さえ合えば積極的に検討して良い相手先と言えるでしょう。

 

・じぶん銀行カードローンで高額融資を受けるなら

まずは少額でも他行や他社からの借り換えコースとして申し込むのが妥当です。

 

ちょっとややこしいですが、じぶん銀行カードローンとの取引限度額は100万円を超える必要がありますが、別に今現在他行や他社からの借り入れ金額が100万円を超えている必要はありません。とにかく「じぶん銀行カードローン1本にまとめたい」という希望をもって、高額融資を申し込むことが必要です。

 

 

じぶん銀行カードローンの特徴・ポイント

じぶん銀行はちょっと毛色の違った成り立ちを持っているネット銀行で、出資元はKDDIと三菱東京UFJ銀行です。どちらも大手ですので社会的な信頼性は高いですし、新しい考え方でユーザー目線のサービスを行っているので注目度の高い新手の銀行ですね。

 

ユニークなのはスマートフォン活用にチカラを入れている点で、特にauを利用しているユーザーであれば限定プランなどを受けることも出来ます。

 

・じぶん銀行カードローンとは

じぶん銀行カードローンは、ネット銀行のじぶん銀行が行っているカードローンのサービスです。
じぶん銀行に口座が無くても申し込めますが、やはり口座があるほうが利用しやすく、口座の無い人は即日融資を希望しても事実上不可能でしょう。

 

専用カードの入手までには半月くらいはかかります。新しいネット銀行ですが出資元が三菱東京UFJ銀行ですから、提携ATMは多いので通常の使い勝手には困らないでしょう。

 

・金利は高め

利用限度額は最高で500万円ですので高額融資先としては不足はないと言えますが、金利が最高設定17.5%なので銀行カードローンとしてまとまった額を借りると考えるとちょっと厳しい面はあります。

 

最近では銀行系でも消費者金融並みの金利設定をしているところも確かにありますが、借りる額と返済の計画によっては慎重に計算する必要があります。

 

出資元がKDDIですから、auユーザーには「au割」があり、誰でも通常の金利よりも0.1%優遇されたテーブルを反映されることになります。とは言え、それでも最高設定では17.4%ですから、高額はちょっと考えどころですね。

 

・おまとめを推している

じぶん銀行カードローンでは、おまとめや借り換えを積極的に打ち出しています。

 

実は上記のauユーザーへの特典も、通常の借り入れではなく「借り換え」のコースにすると、優遇が最大0.5%優遇されるサービスを行っています。また、問い合わせ先として専用のローンセンターを設置するなど、ネット銀行にはあまり無い対応も見て取れます。

 

 

三菱東京UFJ銀行カードローンの高額融資

三菱東京UFJ銀行カードローンを高額融資先と考えた時の内容についてまとめてみましょう。なんと言っても国内のメガバンクとして信頼性は抜群で、利用者の満足度もかなり高い取引先です。

 

・三菱東京UFJ銀行カードローンのスペック

三菱東京UFJ銀行カードローンの実質年率は4.6%から14.6%です。

 

これはとても魅力的な数値でしょう。利用限度額の最高額は500万円で、審査や融資のスピードとしては銀行には珍しく最短即日を打ち出しています。

 

インターネットであれば24時間受け付けています。

 

・三菱東京UFJ銀行カードローンの高額審査

三菱東京UFJ銀行カードローンは消費者金融のような初回無利息期間のプレゼントなどはありません。ただ銀行直営ですから当然総量規制対象外ですし、まとまった金額を借りる相手としては理想的です。窓口も多いですから利用もしやすいですね。

 

いくら銀行とは言え、当然ながら最初から500万円をポンと貸してくれるほど甘くはありませんが、実は三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行の中では比較的通りやすいというデータがあります。三菱東京UFJ銀行カードローンの場合、限度額100万円以下であれば収入証明書類は不必要となっていますので、そこが一つの目安にはなるでしょう。

 

・三菱東京UFJ銀行カードローンで高額融資を受けるなら

高額融資が可能かどうかはその人の属性にかかってきますが、三菱東京UFJ銀行カードローンの場合、まとまった金額に関しては実質年率が固定されているのがかなり大きな特徴です。

 

例えば、100万円では実質年率が12.6%、200万円になると実質年率が9.6%、300万円で7.1%、400万円で6.1%、500万円で4.6%です。

 

他行はだいたい◯◯%〜◯◯%というように、高額融資でも幅があることが多いのですが、三菱東京UFJ銀行カードローンは固定ですので計算はしやすいですね。審査に通ったのは良いけれど、思っていたよりも高い金利設定になってしまったということはありません。

 

 

三菱東京UFJ銀行カードローンの特徴・ポイント

三菱東京UFJ銀行カードローンと言えば、「銀行のカードローンでも、誰でも申し込めますし、審査も早いですよ」という内容のテレビCMを最近たくさん打っているブランドですよね。

 

確かに銀行からお金を借りるとなると敷居が高いと感じる人は多いですし、実際、審査に時間がかかるところが多いのが一般的です。でも三菱東京UFJ銀行カードローンの「バンクイック」という商品は、サービスがかなり消費者金融寄りになっていることも確かですね。

 

自動契約機コーナーなども設置し、夜間や土日祝日にカード発行まで対応するというのは、確かに昔ながらの銀行としては珍しい運営形態です。

 

・銀行だけど即日融資

銀行カードローンの魅力はなんと言っても金利の安さです。でも金利が低い=貸す側の利益が低いということですから、ちゃんと返してくれる人でないと大損です。

 

当然審査は厳しくなり、即回答にはつながらないというのも至極当然のことなのですが、三菱東京UFJ銀行カードローンの場合、かなり積極的に即日融資を打ち出しているのが特徴的ですね。

 

言及しないところが多い中、インターネットなら最短30分と明示していますし、平日9時から21時、土日祝日9時から17時までの回答を基本としています。当然誰もが確実にそうとは限りませんし、申し込みの時間にもよりますが、確かに積極的な審査を行う姿勢が見えます。

 

・口座開設は求めない

銀行でもネット銀行でも「まずは口座を作ってから」という条件のところも多いのですが、三菱東京UFJ銀行カードローンの場合はまったく口座と関係なく申し込みが可能です。

 

三菱東京UFJ銀行は提携ATMも多いですし、そこならすべて手数料無料ですからコンビニ利用でも問題ないでしょう。入会金や年会費もありません。

 

限度額も最高500万円までなので、いわゆる一般の銀行としては多少低いようにも受け取れますが、通常のキャッシング枠と考えれば特に遜色はないでしょう。

 

100万円以下でも最高設定が金利14.6%ですから、非常にメリットが大きいです。

 

 

オリックス銀行カードローンの高額融資

オリックス銀行カードローンは、おそらく高額融資を狙う人にとってはかなり上位候補として浮上して来るカードローンでしょう。実際にオリックス銀行カードローン側もチカラを入れていますので、高額融資先と考えた時の内容についてまとめてみましょう。

 

・オリックス銀行カードローンのスペック

オリックス銀行カードローンの実質年率は3.0%から17.8%です。

 

借り入れ限度額の最高額は800万円で、これは銀行カードローンとしてはかなり高額な設定になります。ネット銀行なので店舗やATMはありませんが、全国のコンビニに設置しているものが無料で利用可能ですので利便性に問題はないでしょう。

 

インターネット完結も可能です。

 

・オリックス銀行カードローンの高額審査

オリックス銀行カードローンの場合、借り入れ限度額300万円までは収入証明書の提出が必要ないため、高額融資も狙いやすい内容です。審査は最短即日とはなっていますが、実際のところは時間がかかることが多く、特に高額となればある程度の期間をみておいたほうが良いでしょう。

 

通常でも融資までに5日くらいはかかる場合が多いようですので、高額であれば1週間は覚悟したほうが無難です。また、カードが手元に届く前に振り込み依頼をすることも出来ません。

 

例え少額でも専業主婦は利用不可など、収入にはかなり条件を付けているので、最近増えて来た「窓口の広い銀行カードローン」ではなく、属性審査は厳しい企業だと思ったほうが良いでしょう。

 

・オリックス銀行カードローンで高額融資を受けるなら

かなりまとまった額の借り換えを狙うのであれば、第一候補としては浮上して来ると思われます。
ただし、本当に得だと言えるのは本当に「まとまった額」である必要があります。

 

最高額が800万円ということもあり、高額融資を考えれば金利3.0%から4.8%という低金利はかなり魅力であることは確かですが、150万円から200万円くらいの額であれば、さほど有利な金利になっているわけでもありません。

 

無利息期間などの設定もなく目立った特典や優待もありませんので、無理にトライする必然性はちょっと感じられませんね。

 

オリックス銀行カードローンの特徴・ポイント

オリックス銀行は、いわゆるメガバンクと比較してみると有名な銀行だとは言えないのが正直なところです。最近は非常にカードローンにチカラを入れていて、CMなどもたくさん打っていますが、その実態や特徴などについてまとめてみましょう。

 

・オリックス銀行カードローンとは

オリックスと聞くと野球チームばかりを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、法人向けや個人向けの金融サービスや自動車関連、不動産関連、環境エネルギー関連などかなり幅広く事業を行っている大手グループです。

 

オリックス銀行はオリックスグループの傘下になりますが、ネット銀行なので店舗やATMといった設備は一切持っていません。毎月の安定した収入のある人向けにカードローン融資を行っていて、銀行としては珍しく専業主婦や学生などは申し込み自体不可としています。

 

・口座は必要なし

オリックス銀行に口座は要らないとしていますが、ジャパンネット銀行を指定振込先にすると24時間365日、リアルタイムに融資を行うとしていますので、どちらかと言うとそちらのほうが指定口座のような感じですね。

 

ネット銀行なのでATMはありませんが、提携している89,000台のATMは無料で利用可能ということですので利便性に問題はないでしょう。ただし、審査のスピードはかなり遅いようです。

 

・金利が高いが・・・

最近のネット銀行は非常に金利の高いカードローン商品が多いですが、オリックス銀行カードローンも例にもれず、実質年率が3.0%から17.8%となっています。

 

これはかなり高い設定ですので、この点からするとあまり積極的に融資を受けたい先ではありません。ただし、オリックス銀行カードローンは取引の最高金額が800万円というかなり高額を設定していて、これは他行から頭一つ分以上飛び出た数字になっています。

 

もし取引の限度額が700万円を超えるのであれば、実質年率は3.0%から4.8%まで下がりますので、かなり低い設定になります。もちろんそこまで高額を取引することはあまり無いと思いますが、200万円あたりの金利を見ると6.0%から12.8%なので、多少は期待出来る数値とは言えそうです。